便利なシステムの登場

現場に新しいシステムを導入すれば、今まで苦労に感じていたことが雲散霧消することがあります。IT技術も発達している現代ですから、営業活動にもこういった新しいシステムをどんどん導入していきましょう。

SFAのことを知ればもっと業績は上げられる

グラフ

CRMと密接な繋がりがある

経済活動ではサービスや製品を生み出す企業と、それを利用する顧客との関係性が重要です。顧客のニーズに沿ったサービスをすることができれば、売上も上がっていくでしょう。
その顧客との関係を円滑にするためのシステムがCRMですが、その中でも営業活動支援に特化したシステムがSFAといいます。

システムで効率化し作業を明確にさせる

営業では顧客との面談や商談が頻繁に行なわれますが、部署内で顧客の事前調査が共有できていないと二度手間が発生してしまい、商談を取り逃すこともあります。
商談や顧客の調査を見える化するのがSFAなので、今では多くの企業が利用しています。
このように、企業の営業部門が便利に使うことのできるマーケティングオートメーションシステムや展示会施工サービスなどがたくさんあるので活用しましょう。

システムを使うのと使わないのとでは大違い

人力で管理する場合

綿密に社員同士で連絡を取り合うことができている場合はシステムを導入しなくても良いケースがあります。また、人力で行なうため、手続きをできるだけ簡略化しようと工夫することになります。しかし、多くの手続きを紙や人のやり取りのみで管理するのは困難です。

システム導入した場合

システムを導入すると手続きが複雑化するというデメリットはありますが、それ以上に情報共有が簡単というメリットがあります。属人化していた営業スキルを共有できるのです。引き継ぎもスムーズになり、顧客の情報も共有しやすいです。

営業部門で活用できるサービスやシステム

  • コールセンターシステム
  • マーケティングオートメーション
  • SFA
  • 展示会施工
  • ウェブ接客ツール
  • CRM
広告募集中