ウェブ接客ツールを効果的に使って売上UP

ウェブ接客ツールを効果的に使って売上UP

オペレーター

企業の導入は当たり前になりつつある

チラシや新聞に掲載する広告から、広告の主流はウェブに移り変わっています。漫然と広告を載せているだけでは以前のように効果が現れなくなりましたので、現在はウェブ接客ツールを使って集客をする企業が増えてきています。
その手法は、インターネットサイトを訪れる人ごとに丁寧な接客をし、利用を提案するというものです。

従来のウェブ広告と違う点

従来のウェブ広告はまさに「看板を設置する」というもので、ランダムに表示されそれを見たユーザーがバナーにリンクされている広告をクリックする、もしくは興味のあるコラムを自分で探し利用するというものでした。
ウェブ接客ツールを導入することは、看板とは違って、一人一人の要望するものを自然と提供できるようになる接客をするということなのです。

こんな接客ができる

例えば、初めてインターネットサイトを訪れた人に対してはポップアップでセールの広告が表示されます。初めての利用者はいきなり目的のものや高い品物を購入することはありませんが、セールがあるとなるとちょっと興味が湧くものです。
ユーザーの情報はツールを使うことでより細かく把握できるようになるので、ウェブ接客ツールは今やECサイトを運用している企業にとっては欠かせません。

店頭での接客とウェブ接客の違い

店頭接客

その場の雰囲気に合わせてお客様に接客をするのが特徴。お客様が話しかけてほしくなさそうであればそれに応じた対応をします。お店の売上によって積極的にお客様に話しかけ、求めているものをすぐに出せるように心がけます。

ウェブ接客

大別してポップアップでセールの広告やクーポンを表示するポップアップタイプと、チャットタイプですぐにユーザーに対応できるものがあります。これによりお客様の求めているものがすぐわかり、要望に応じやすいです。

お店で対応しているように接客できる

売上で大切なものの一つが現場で働く人の接客ですが、インターネットサイトの場合はホームページの使用であったりバナーであったりします。その点、ウェブ接客ツールは店頭での接客と変わらない対応ができるといえるのです。

広告募集中